成功者は早起きをして何をするのか?

以前このブログでも早起きは三文の徳…いえ、得という記事を書きましたが、では、成功者は早起きをして一体何をしているのでしょうか?

実際、早起きをしてみたものの何をしていいか分からない…そう思っている人、結構いませんか?

今日は成功者が早起きをして何をしているかを書いてみたいと思います。

これは良く言われていることですが、成功者は早起きをして体のエンジンをかけるかの如く運動をするそうです。ラジオ体操でも腕立てでも散歩でもなんでもいいので、とにかく体を動かす。たったこれだけで体のリズムが整うそうです。

こうして自律神経を活性化させることで体も身軽になり、頭も冴えわたるそうです。

なるほど…よく会社で朝にラジオ体操なんかするところもありますが、こんな効果があったんですね!

そして、朝という静かな時間に誰よりも早く作業を始めるということで、精神衛生的にも良いと言われています。昔、風邪で学校を1日休んだだけで皆よりも勉強が遅れた…、翌日登校して授業を受けてみると授業が進んでいて取り残された感があった…という経験はありませんか?まさにあの状態の逆の状況を早起きするだけで作り出すことが出来るというのです。

自分は皆よりもいち早く起き先に進んでいる…そう思うだけで体が活性化すると言われています。

また、朝早ければ早いほど、それだけ時間に余裕が出来る訳ですから、スケジュールも立てやすくなり、時間がある分それを実行出来る可能性が高くなります。

このように成功者は早起きによって色々な得を得ていたんですね。

100m走はフライングをするとルール違反になりますけど、1日のスタートにはフライングはありません。だったら誰よりも早くスタートした方が良いって考え方ですね。

成功者になるにはまず早起きかもしれませんね。
誰よりも早くスタートすれば、誰よりも早くゴールが見えてくる…
実はものすごく単純な考え方だった訳ですね。

早起きは三文の得

昔から言われる言葉で「早起きは三文の得」というものがあります。

三文というと今のお金の価値で30円とも言われますが、
実は早起きは30円どころかお金もちになれる要素がふんだんに隠されていたのです。

ご存知の方がいらっしゃるかどうか分かりませんが、人間の体内時計は1日25時間と言われています。

あれ?と思いませんか?

1日の長さは24時間なので体内時計と1時間のズレがあるんです。

12日後には体内時計と1日の実際の時計とで半日も差が出てしまいますね。
半日というと昼と夜が逆転してしまっている訳です。

これを放っておくと体が疲れやすくなったり、集中力が欠けたり、だるさを感じたり、最悪は体調を崩したりしてしまいます。

つまり、何も考えずに生活をしているとこの時間のズレが生じ、少しずつ体にとって良くないことが起こってしまうのです。

これを正してくれるのが早起きです。
しかも、毎日決まった時間に起きることが重要となります。

これにより毎日ズレてしまう1時間のズレを強制的に直してくれる効果があるそうです。

そして、朝の太陽の光…つまり朝日は睡眠を促す成分とも言われるメラトニンという物質の分泌を抑える効果があるそうです。

この早起きのW効果により体の疲れなどを軽減出来、集中力の維持、体力の維持などに一役買ってくれる訳です。

常に高いパフォーマンスで毎日を過ごすには毎日決まった時間の早起きが重要なカギになってくるということです。

眠るのは気持ちいいですし、二度寝を嫌いな人はいないと思います。
特に休みの日なんかはあまり早起きはしたくないものです。

しかし、この早起きを常態化することで逆に疲れにくい体を手に入れることが出来るとしたらやってみる価値があると思いませんか?

早起きは三文の得どころか、長い人生で見てみると三億くらいの得があるのかもしれませんね。