倹約家とケチと金に汚い人の違いとは

今日はいつもとちょっと趣向の変わったお話をしたいと思います。
お金の使い方の話なのですが、よくお金に厳しい人のことを倹約家やケチ、または金に汚いなんて言い方をすると思います。この3つの呼び方は同じような意味ですが、実はそれぞれハッキリと違います。

倹約家というのは、贅沢をせず節制をし、必要なものを買う時はいくらでもお金を使う人のことを言います。ケチは貰えるものなら何でももらったり、人には奢ってもらうけど自分は奢らないなど自分が良ければそれでいいという考え方の人、そして、金に汚い人はお金に関しての常識外れな人のことを言うのだと思います。例えば、お金を借りても返さなかったり、割り勘のお会計をはぐらかしたり、お金に関して倫理的に問題のある人のことを言うのだと思います。

…後になってしまいますが、上記の違いについてはネットで調べたり自分の価値観で書いているので自分はそうは思わないという方もいらっしゃるかもしれませんね。個人的には倹約家は素晴らしいと思いますし、ケチも気持ちは分かるところがあります。でも、どうしても理解出来ないのが金に汚い人ですね。基本的に人よりも金という考え方だと思うので、そういう人とは根本的な価値観が合わないと思います。確かにお金は大切ですが、それよりも大切なものは世の中にいくらでもありますよね。決してお金が一番ではないと思います。

お金は必要の無い時は使わず、必要な時はおもいっきり使う…そんな人になりたいですよね。
でも、世界で見れば日本人はみんなお金にはしっかりしていると思います。
発展途上国なんかはもっとお金に対して考え方がダーティーですから。
とはいえ、お金に細か過ぎるというのもどうかと思いますけど…。
誰もいなくなってからでは遅いですよね。

お金の使い方を考えろ

お金は使うから自分に入ってくる…なんて言葉を聞いたことがありませんか?
確かに、お金は経済の血液と言われていて、使わなければどんどん血流が悪くなり経済もどんどん悪化していってしまいます。今の日本ではタンス預金などと呼ばれる、高齢者が溜め込んでいるお金のせいで不景気になっているとも言われています。

じゃあお金はどんどん使えばいいのか…と言ったらそれもちょっと間違っています。
人にはそれぞれ生活というものがありますし、将来というものもあります。
多くの人はそれらに不安を抱きお金を使わずに貯金をするというのが今では当たり前になっています。日本では貯金が無い=ダメ人間と思われてしまうことの方が多いと思います。

美味しいものを食べて、欲しいものを買って、遊びたいときに遊んでお金を使っていてはせっかく仕事で稼いだお金はすぐに無くなってしまうでしょう。世の中の経済にとっては非常に良いことですが、それでは自分の人生が不安定なものになってしまいます。一番重要なのは、しっかりと将来と世の中のバランスを考えたお金の使い方なのではないでしょうか。

そう考えると、自分への投資にお金を使うというのはそれに該当することだと思いませんか?
自分の将来を考えながらお金を使うことが出来る最高の手段だと思います。

闇雲にお金を使うのではなく、これを買うことで自分にとってどういうメリットがあるのかを考えながら使うと良いと思います。ただ欲しかったとか、かっこよかった、行きたかった…などという安易な考え方でお金を使うのは止めましょう。同時に、なんでもかんでもお金を使わない方向に持っていくことも止めましょう。再度言いますが、一番大切なのは将来と世の中の経済を考えたバランスのとれたお金の使い方です。

よく比較して一番お得なキャッシングを選ぼう

数万円程度の少額のお金を借りたいのならば、短時間で融資してくれるキャッシングという方法があります。
基本的に無担保で融資してくれるから、支払日が迫っている場合でも安心です。
保証人をつけなくても貸してくれるケースが多いので、利用者がどんどん増えています。
とても便利なキャッシングですが、金融機関によって金利などの条件が異なります。
そのため、借入の条件をよく比較して、自分にとって一番お得なところを選ばなければいけません。
同じ金額を借りても、低金利であるほど返済金額が少なくて済みます。
現在ではオンラインでの申込が主流なので、ホームページにおおよその情報が掲載されています。
分からない点についてもメールなどで問い合わせられるので、疑問点を残さずに審査を申し込めるのが特徴です。
その金融機関のコールセンターであれば、オペレーターに直接質問することもできます。
キャッシングで比較するべきポイントは、融資限度額と金利の2点です。
融資限度額とは合計でどれだけの金額を借りられるかの上限なので、大きいほど有利になります。
そして、金利は借りたお金にかかる利息に大きく関係してくる数字であり、こちらについては小さい方がお得になります。
融資限度額と金利は、利用者の信用状況によって変動します。
したがって、信用があるほど、ホームページに掲載されている範囲の中で優遇される可能性が高いのです。
一定期間だけ無利息になるサービスを実施している金融機関もあるので、確実に有利に借りたい方はそういったところを選びましょう。