不明な鉢花の種類の見当もインターネット検索で正解を

以前から鉢花栽培が好きで、特に家庭内でも比較的楽に冬越し出来るタイプの洋ランを収集し育てていた私だったのですが、3年前にとある知人から「育ててみたらどうか」、とラベルも付いていない種類不明の株を譲り受けた事がありました。
株の形状から明らかに洋ランである事が見て取れたものの、その具体的な種類や性質は不明。
だからと言ってそのまま見当違いの方法で栽培してしまっては株を弱らせるのは目に見えていますから、何かしらの方法でその正体を突き止めなければなりません。
そこで意外なほどに活躍したのがインターネットだったのです。
そもそも洋ラン関連のサイトは興味のあるものから片っ端にブックマークしていましたから、その情報源自体はかなり豊富。
あとは各サイトに掲載されている株の画像と手元にある株の姿を比較して、ピッタリ合致する種類を見付けていかなければなりません。
結局数日間、空き時間の多くを利用しての検索の果てに合致したのは、ロックレリアと呼ばれる小型のカトレヤ類の一種だったのです。
その種類に準じた栽培法で1年程育てたところ、幸いにも花が咲き、その検討が正解であった事にホッとしたのでした。
いずれにせよ、豊富な情報量を持つインターネット検索が無ければ分からなかった事。現代のインターネット社会を有難く思った瞬間でした。
こうしている間にもインターネットにはどんどんあたらしい情報が追加されていきます。
iphone7についての情報解禁ももうすぐですよね。(iPhone7予約ドコモ
インターネットをうまく活用して、自分に必要な情報を効率よく手に入れたいものです。