お金との付き合い方が上手い人

成功者の人って、お金との付き合い方が上手なんですよ。
お金のことを重要視しますが、決してお金を中心としないのです。
お金を自分自身を助ける道具として冷静に判断し、必要なだけのお金を集めることができる力を有しているのです。

そして、お金を増やす術も知っているんです。
今や会社に勤めて、給料をもらう以外にもお金を増やす方法があることは周知の事実になってきました。
むしろ、会社に勤めてお金をもらうだけではやっていけない、そんな風に言われるような時代になってきたのです。
お金を人から集めたり、必要なだけのお金を借りたり、自分で商品を見出し、その商品を利用してお金を増やすのです。

そして、お金を増やすだけにとどまりません、むしろ成功者としての本番はここからです。
ある程度のお金でしたら成功者じゃなくても集められるし、増やすことができるのです。
その金額がいくらかは人によって成功の尺度が変わってきますので、具体的な数値をあげることはできません。

とにかく、増やしたお金をどう利用していくか、それが重要なのです。
人から集めたお金をさらに増やして、全員に分配してみんなで幸せになるのもよろしいでしょう。
お金を借りて、増やしたうえで余裕ある生活を送って行くのもよろしいでしょう。
増やしたお金をさらにつぎ込んで、さらにお金を増やしていくのもよろしいでしょう。

そして、成功者はお金とは適切な距離を取ることもできるのです。
お金以外に大切なことがあるということは周知の事実かもしれませんが、いざ大金が自分の前にあると、人間はお金に支配されてしまうのです。
お金に支配されれば、その後の人生が良い方向どころか悪い方向に進む可能性もありますので、ご注意くださいね。

電子マネーと相性のいいクレジットカードは?

近年、Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)、WAON(ワオン)といった電子マネーが生活の一部として定着してきました。
今挙げた電子マネー以外にも多くの電子マネーが存在し、それぞれ違った特徴を持っています。
また携帯電話をお財布のように利用するおサイフケータイでも電子マネーを利用することが可能です。
利用している方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

その電子マネーを使う上で重要になってくるのが紐付けに使用するクレジットカードです。
たとえばあらかじめ事前に入金しておく前払い形式のプリペイド型の電子マネーではチャージすることによってポイントがたまるか?
銀行口座などと連動しており、使った分だけ引き落とされるクレジットカード本来の機能と同様の使い方ができるポストペイ型では高い還元率で使用できるか?
といったところに重点を置くのが良いでしょう。

例えばEdyチャージがポイント付与対象になり、楽天スーパーポイントをEdyに変えることができる楽天カード。
iDやQUICPay、nanaco等を含めた多くの電子マネーがチャージ可能でさらには1%が還元されるエディオンカードといったものがあります。

さて、簡単に電子マネーについて説明しましたが、プリペイド型ならいちいちチャージをしなければならないため残高確認を怠ったら支払えなくなったりしてしまいます。
ポストペイ型に関しても電子マネーに対応したクレジットカードを持っていない場合ならクレジットカードの申し込みが必要で、対応しているクレジットカードを持っている場合でも携帯電話での利用登録が必要になってきます。
そのため電子マネーを利用するまでに時間がかかってしまうのです。

そこでひとつの手として消費者金融のキャッシングを利用するというのもアリです。

お金借りる即日をご覧になっていただくとご理解いただけるかと思いますが、キャッシングなら必要なときに必要なだけ借入をすることが可能です。
お金を借りるというシンプルな機能ですが使い勝手がよく幅広いお金の使い方ができますよ!
キャッシングに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、このサイトの説明をご覧になっていただけたら少し考えも変わっていくと思います。
是非興味があったら調べてみて下さいね!

学生や主婦でもキャッシングは出来るのか!?

学生や主婦という、収入の面で不安定な人や、そもそも収入が無い主婦の方などはお金を借りるというキャッシングサービスを利用することは可能なのでしょうか?

キャッシングを利用する最低の条件として「収入」があるということが挙げられます。
この収入が無いことにはキャッシングサービスを利用することが出来ないのが通例なのです。

学生はアルバイトなどをしていれば収入がある訳ですから、キャッシングサービスを利用出来る可能性は非常に高いと言えるでしょう。これは、パートなどをしている主婦も同様の考えになります。

では、収入の全く無い専業主婦などはどうなのでしょうか。

専業主婦のキャッシングに関する記事を見付けることが出来ましたでしょうか?
見付けることが出来なかった人のために補足をさせて頂きます。

専業主婦の方は収入が無い訳ですから、基本的にはキャッシングを利用することが出来ません。しかし、専業主婦ということは旦那さんも一緒に生活をしているということになりますよね。

その旦那さんの収入を証明出来れば、専業主婦の方はその旦那さんの奥さんなのですから、キャッシングサービスを利用することが可能になるという訳です。

どうでしょうか?
これが専業主婦でもキャッシング出来る方法になります!
専業主婦の方でキャッシングを利用されたいという方は是非ご覧下さい。

銀行と消費者金融とならどちらからお金を借りるべきなのか?

お金を借りる…と言っても、
社会にはお金を借りれるところなどたくさんあります。
実際に本当にお金を借りようとしても、
どこから借入をすれば良いのか分からないですよね?

中小の消費者金融などを含めると本当にどこを選んで良いのか分かりません。

消費者金融と銀行の2つに絞ってみても、
実際にどこから借りれば良いのか分からないのが正直なところだと思います。

そこで、消費者金融か銀行かで迷われている方に、
どちらを選べば良いかの指南をさせて頂きたいと思います!

まず、金利で選ぶならやはり低金利で有名な銀行になってきますが、今では消費者金融も金利では負けておらず30日間無利息でキャッシングが出来るところがたくさんあります。借入期間が短ければ、銀行よりも消費者金融の方が金利面で優遇されるという訳です。

更に、消費者金融は銀行よりも審査スピードなどが早く、お申し込みからキャッシングまでの時間もかなり短いのが特徴です。お申し込みをしたその日に借入が出来る場合もあるので、キャッシングをお急ぎの方にとってはかなりお勧めと言えます。

このように、今では銀行よりも消費者金融の方がはるかに使い易くなっており、そこであえて銀行から借入をしなくても消費者金融で素早くキャッシングをした方が賢いと言えると思います。

余談ですがAGA対策として最近プロペシアしました。薄毛で悩んでしたので。
効果があるとよいのですが・・・・でも仲間もフィナステリドとミノキシジルは薄毛効果が高いと言っていたので少し期待しています。

倹約家とケチと金に汚い人の違いとは

今日はいつもとちょっと趣向の変わったお話をしたいと思います。
お金の使い方の話なのですが、よくお金に厳しい人のことを倹約家やケチ、または金に汚いなんて言い方をすると思います。この3つの呼び方は同じような意味ですが、実はそれぞれハッキリと違います。

倹約家というのは、贅沢をせず節制をし、必要なものを買う時はいくらでもお金を使う人のことを言います。ケチは貰えるものなら何でももらったり、人には奢ってもらうけど自分は奢らないなど自分が良ければそれでいいという考え方の人、そして、金に汚い人はお金に関しての常識外れな人のことを言うのだと思います。例えば、お金を借りても返さなかったり、割り勘のお会計をはぐらかしたり、お金に関して倫理的に問題のある人のことを言うのだと思います。

…後になってしまいますが、上記の違いについてはネットで調べたり自分の価値観で書いているので自分はそうは思わないという方もいらっしゃるかもしれませんね。個人的には倹約家は素晴らしいと思いますし、ケチも気持ちは分かるところがあります。でも、どうしても理解出来ないのが金に汚い人ですね。基本的に人よりも金という考え方だと思うので、そういう人とは根本的な価値観が合わないと思います。確かにお金は大切ですが、それよりも大切なものは世の中にいくらでもありますよね。決してお金が一番ではないと思います。

お金は必要の無い時は使わず、必要な時はおもいっきり使う…そんな人になりたいですよね。
でも、世界で見れば日本人はみんなお金にはしっかりしていると思います。
発展途上国なんかはもっとお金に対して考え方がダーティーですから。
とはいえ、お金に細か過ぎるというのもどうかと思いますけど…。
誰もいなくなってからでは遅いですよね。

お金の使い方を考えろ

お金は使うから自分に入ってくる…なんて言葉を聞いたことがありませんか?
確かに、お金は経済の血液と言われていて、使わなければどんどん血流が悪くなり経済もどんどん悪化していってしまいます。今の日本ではタンス預金などと呼ばれる、高齢者が溜め込んでいるお金のせいで不景気になっているとも言われています。

じゃあお金はどんどん使えばいいのか…と言ったらそれもちょっと間違っています。
人にはそれぞれ生活というものがありますし、将来というものもあります。
多くの人はそれらに不安を抱きお金を使わずに貯金をするというのが今では当たり前になっています。日本では貯金が無い=ダメ人間と思われてしまうことの方が多いと思います。

美味しいものを食べて、欲しいものを買って、遊びたいときに遊んでお金を使っていてはせっかく仕事で稼いだお金はすぐに無くなってしまうでしょう。世の中の経済にとっては非常に良いことですが、それでは自分の人生が不安定なものになってしまいます。一番重要なのは、しっかりと将来と世の中のバランスを考えたお金の使い方なのではないでしょうか。

そう考えると、自分への投資にお金を使うというのはそれに該当することだと思いませんか?
自分の将来を考えながらお金を使うことが出来る最高の手段だと思います。

闇雲にお金を使うのではなく、これを買うことで自分にとってどういうメリットがあるのかを考えながら使うと良いと思います。ただ欲しかったとか、かっこよかった、行きたかった…などという安易な考え方でお金を使うのは止めましょう。同時に、なんでもかんでもお金を使わない方向に持っていくことも止めましょう。再度言いますが、一番大切なのは将来と世の中の経済を考えたバランスのとれたお金の使い方です。

よく比較して一番お得なキャッシングを選ぼう

数万円程度の少額のお金を借りたいのならば、短時間で融資してくれるキャッシングという方法があります。
基本的に無担保で融資してくれるから、支払日が迫っている場合でも安心です。
保証人をつけなくても貸してくれるケースが多いので、利用者がどんどん増えています。
とても便利なキャッシングですが、金融機関によって金利などの条件が異なります。
そのため、借入の条件をよく比較して、自分にとって一番お得なところを選ばなければいけません。
同じ金額を借りても、低金利であるほど返済金額が少なくて済みます。
現在ではオンラインでの申込が主流なので、ホームページにおおよその情報が掲載されています。
分からない点についてもメールなどで問い合わせられるので、疑問点を残さずに審査を申し込めるのが特徴です。
その金融機関のコールセンターであれば、オペレーターに直接質問することもできます。
キャッシングで比較するべきポイントは、融資限度額と金利の2点です。
融資限度額とは合計でどれだけの金額を借りられるかの上限なので、大きいほど有利になります。
そして、金利は借りたお金にかかる利息に大きく関係してくる数字であり、こちらについては小さい方がお得になります。
融資限度額と金利は、利用者の信用状況によって変動します。
したがって、信用があるほど、ホームページに掲載されている範囲の中で優遇される可能性が高いのです。
一定期間だけ無利息になるサービスを実施している金融機関もあるので、確実に有利に借りたい方はそういったところを選びましょう。

早起きは三文の得

昔から言われる言葉で「早起きは三文の得」というものがあります。

三文というと今のお金の価値で30円とも言われますが、
実は早起きは30円どころかお金もちになれる要素がふんだんに隠されていたのです。

ご存知の方がいらっしゃるかどうか分かりませんが、人間の体内時計は1日25時間と言われています。

あれ?と思いませんか?

1日の長さは24時間なので体内時計と1時間のズレがあるんです。

12日後には体内時計と1日の実際の時計とで半日も差が出てしまいますね。
半日というと昼と夜が逆転してしまっている訳です。

これを放っておくと体が疲れやすくなったり、集中力が欠けたり、だるさを感じたり、最悪は体調を崩したりしてしまいます。

つまり、何も考えずに生活をしているとこの時間のズレが生じ、少しずつ体にとって良くないことが起こってしまうのです。

これを正してくれるのが早起きです。
しかも、毎日決まった時間に起きることが重要となります。

これにより毎日ズレてしまう1時間のズレを強制的に直してくれる効果があるそうです。

そして、朝の太陽の光…つまり朝日は睡眠を促す成分とも言われるメラトニンという物質の分泌を抑える効果があるそうです。

この早起きのW効果により体の疲れなどを軽減出来、集中力の維持、体力の維持などに一役買ってくれる訳です。

常に高いパフォーマンスで毎日を過ごすには毎日決まった時間の早起きが重要なカギになってくるということです。

眠るのは気持ちいいですし、二度寝を嫌いな人はいないと思います。
特に休みの日なんかはあまり早起きはしたくないものです。

しかし、この早起きを常態化することで逆に疲れにくい体を手に入れることが出来るとしたらやってみる価値があると思いませんか?

早起きは三文の得どころか、長い人生で見てみると三億くらいの得があるのかもしれませんね。

常にコストパフォーマンスを考えろ

コストパフォーマンスという言葉を知っていますでしょうか?よくコスパとも言われたりしますが、これは支払った費用に見合った効果や効能、価値があるかどうかということですね。例えば100円支払ったら100円分の価値がその商品やサービスにあるかどうかということになります。

私はタクシーにはほとんど乗りません。なぜならコストパフォーマンスがものすごく悪いからです。ちょっとした移動でも平気でタクシーに乗る人がいますが私はそれが信じられません。

ただ、全く乗らないという訳ではありません。タクシーを利用することに価値を見出すことが出来ればタクシーを利用します。

例えば、大雨が降っている時だったり、時間が無い時だったり、道が分からない時だったり、重い荷物を持っていたりする時です。こんな時は普段乗るよりも、今挙げた付加価値が付いていることになりますから普通に乗るよりもコストパフォーマンスが良いということになります。

コストパフォーマンスの考え方は人それぞれだと思いますが、支払うものにとって自分にとってどのようなメリットがあるのか、支払った金額に対して自分がどれだけ満足出来るかがポイントになってくると思います。

ただなんとなくお金を支払っているだけでは、お金を捨てているのと同じだと思います。常に支払ったお金の対価として得られるもののコストパフォーマンスを考えることが重要だと思います。

安物買いの銭失いという言葉がありますが、あれは目先の価格の安さに踊らされて商品やサービス自体の価値を考えていないから起こり得ることだと思います。目先のものだけでなく、長期的に対価を得られるかどうかもコストパフォーマンスを考える上での重要なことだと言えると思います。

お金を使う時は常にコスパを意識するようにすることが大事ですね。

万が一の資金ショートに備える

事業というのは成功すればするほど不安になるものです。

想像以上に儲かると逆に警戒心が湧くものです。
そしてその警戒心って意外と正しいことが多くて、どこかで落とし穴が待っているものです。

つまり業績不振ですね。しかしビジネスを展開している以上業績不振だろうがなかろうが運営を休止する訳には行きません。

そんな時、事業を継続するためには「お金」が必要です。
なので万が一の事に備えてお金を会社にストックしておくことは当然ですが、お金を借りるルートも予め見つけておくのが無難です。

とにかく資金をショートさせないようにお金を確保できる手段を何個か持っておくのがビジネスの鉄則です。なので儲かっているからと言って無駄にお金を使う事は問題だと思います。

儲かっている時ほど謙虚に生き、無駄遣いをしないようにしなければなりません。
経費を使わないと税金で持って行かれるから使った方がマシだと考えている方はちょっとビジネス感覚がずれていますね。

交際費などにガンガンお金をつぎ込むのは私は好きじゃないですね。
個人のスキルを高めたりより多くの利益を生み出すためのインフラを充実させるために経費をガンガン突っ込むのはありだと思いますが。

まぁどんな考えがあったとしても会社にある程度の余剰資金とお金を借りることが出来るルートを予め作っておくと非常に便利です。